国内向けの話題・情報

レポート 韓国の登山道や登山者、入山規制や標識について

2013年7月末の中央アルプス檜尾岳周辺での韓国人パーティーの遭難事故によって外国人登山者に目が向けられています。遭難は外国人特有の要因だけでなく日本人も注意すべきことなどいくつもの要因が重なったものと思います。私たちもあらためて韓国の登山のスタイルや意識の違いについて考えました。韓国では最高峰でも2000m足らずで 3000m級の登山経験が乏しいことなどは既にご存じでしょうし報道されている通りです。言葉の壁もお察しの通りと思います。
ここではもう一歩ふみこんで別の切り口から日本と韓国の「登山」の違っている部分をとりあげたいと思います。

レポート韓国の登山道や登山者の特徴、及び標識や入山規制についてPDF

1 初心者でも通れるよう整備された登山道
2 低山のベテラン
3 登山道上の標識、当局による入山規制

사진  북한산의 암벽(인수봉)을 올려다보는 등산로  2006년 촬영